FC2ブログ
最近「脳ストレス解消」というCDをレンタルしまして、そこに書いてあったことがとっても印象的でした。

「人間はいくら頑張ってもストレスには勝てない」

東邦大学医学部教授の有田秀穂先生のお言葉です。
有田先生は、セロトニン研究の第一人者

有田先生ご自身が大学生の時、300メートルの海底で過ごすという潜水実験に参加され、日々心身が疲弊してひどいストレス状態になるのを体験し、その時に痛感したそうです。

先生は「わざわざ我慢や努力をしてストレスに立ち向かうことはすすめない。私は受け流して生きています」と。

そうよね~。
私個人はストレス耐性はトレーニングでアップすると思っていますが、これは「耐えられるようになる」というより、どちらかと言うと先生がおっしゃるように「上手に受け流せるようになる」ということだと思います。

「あーはいはい。」みたいな。

私自身も昔、仕事で理不尽なことがあると俄然戦っていましたが、あれはメンタル的にすっごく良くなかったなぁ~と振り返ります。だって冷静に考えてみると、戦って勝てる相手ではなかったし、そもそも勝つ意味もなかったなぁ。

若かったわ。

今はトレーニングのおかげで(私の場合はやはりNLP心理学を学んだことが大きかったです)少々何かあっても「あーはいはい。」と気にならなくなりました。悟ったね(笑)。

そうそう、私がこの世で最も苦手な場。PTA。ピーチーエー。
このピーチーエーさえ最近は負担でなくなってきました。コツは「空気のようになること」(笑)。

批判も否定もしなければ共感も同調もしない

有田先生の「受け流す」とおっしゃったのはこういう感じではないでしょうか。

それでも。時々「え?(-"-)」と眉をしかめることがあるので、私もまだまだだわ~と心を正すのです。



20140604.jpg
朝によわいの…


kokopro.com
kokopro-dental.com

スポンサーサイト



2014.06.05 Thu l ◆メンタルヘルスマネジメント l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yokkayoka.blog75.fc2.com/tb.php/378-b7bbec1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)