FC2ブログ
「8時間で木を切れといわれたら、私は初めの7時間(6時間)を斧の刃を研ぐことにあてる」
これを聞いてあなたならどう思いますか?


同じようにじっくり刃を研ぐかなぁという方。
とりあえず木を切り始めるなぁという方。
1時間くらいは刃を研ぐかなぁという方。


色々いらっしゃると思います。


実はこれはエイブラハム・リンカーンの名言の一つで、捉え方は人によって様々ですが「準備の大切さ」「状態を整えることの大切さ」を語っているようです。


が、
先日これをある会社の研修でご紹介したところ、大変面白い回答が!
「名人を呼んでくる」
「チェーンソーを借りてくる」
「タウンページをひらく」



おぉぉぉ~なるほどぉぉぉ。
リンカーンもびっくり\(◎o◎)/!


皆さん想像以上に発想豊かで感動いたしました。
私はせいぜい時間配分を変えるくらいの発想しかなかったのですが「おぉその手があったか!」と感動~。


「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである」とおっしゃったのはアインシュタイン氏ですが、まさにおっしゃる通り。あ~ほんと。自分の想像できる範囲なんてほんのちっぽけなものなんだなぁ。


もっともっと視野を広く、大きく、生きていきたいと思った次第でした。


ちなみに…
私の大好きなペップトークの岩崎由純先生(アスレティック・トレーナー)は
「最初の1時間は準備運動にあて、6時間で木を切って、最後の1時間はクールダウンとアフターケア」。→さすがです。


スポンサーサイト



2012.10.19 Fri l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yokkayoka.blog75.fc2.com/tb.php/336-273bfb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)