FC2ブログ
北島康介さんのお話はまた次回いたしますとしまして。。。


昨日コーチングの勉強会に参加いたしました。
とってもいい内容で行ってよかった♪と満足満足。


そのセミナーの最後に、講師の先生がこのような言葉をおっしゃいました。
「問題に焦点を当てると、本当にしたいことではない望みが出てくる」
「可能性に焦点を当てると、本当にしたい望みが出てくる」



たとえば、その講師の先生が例に出されたのは
「私はですね。小さいころからよく忘れ物をしてて、いつも母から、あんたは忘れ物ばっかりするから忘れ物せんように気をつけなさい!と言われ続けて育ったんです。でも今でもその癖はなおらず、やっぱり忘れ物するんですよ。」
「そうするとですね、例えば旅行に行くときに'忘れ物をしないように’ばかりが頭にあって、本来は旅行を楽しむというものが、忘れ物をしないということがテーマになっちゃうんですよね。」



確かに。あるなあ~と思って。
ふと「あれ?私って何をしたかったんだっけ?」ってなることありますよね~。


そういえば、アメリカの心理学者、J・M・スタイン氏は「潜在能力をかき集めて努力すれば、誰でも500%くらい能力を伸ばすことが可能だ」と言っているとか。


可能性に目を向ける
意識したいものです

スポンサーサイト



2012.07.23 Mon l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yokkayoka.blog75.fc2.com/tb.php/323-42bf844d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)