FC2ブログ
先日あるセミナーにてこんな質問を受けました。
「面接の時に短所は何ですか?と聞かれて、とっさに答えれなかったんですよね…。何て言えばよかったのかなぁ~と。」


再就職を希望されている方にとっては、こういうのは現実的に「知りたいこと」だと思います。


ちなみに先ほどの女性はその後、就職のカウンセラーのような方に相談したところ「長所は責任感のあるところ」であるならば、短所はそれと同じこと。たとえば「責任感が強くて抱え込んでしまうところ」などですよ。と言われたそう。


なるほど。


ですが、私個人はあまり「自分の内面や性格に関するマイナス評価」は言葉にしない方がいい」と思います。人事が何を判断したかったか分かりませんが、そもそも短所って何よ?(?_?)?
人は常に変化していますし、周囲の環境次第ではその部分が長所にもなりえます。


が、言葉にした途端にその短所が事実に変わるような気がします。その短所を「自覚」してしまうと、人はその方向に進みがちということです。また、周囲もその方向に判断しがちになり「やっぱりね」「そうあるもんね」という再確認の作業が生じてしまう気がします。


それで。
「そうですね~私だったら何というかな…」
「私だったら○○のスキルがありませんって言うかな~」



とお返事いたしました。
もしくは「○○に疎い」などです。「人」ではなく「スキルや物事」に焦点を当ててはいかがでしょうか。


長所は短所。
短所は長所。
・・・おっしゃる通りです。ならば全て「長所」とするってのはどうでしょ。


KOKO*PRO


スポンサーサイト



2011.06.18 Sat l ◆受講生の方より l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yokkayoka.blog75.fc2.com/tb.php/237-52e1cd2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)