上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

IMG_5588.jpg


社会で59点とってきたうちのこ。
ケンカうっとるんかーいい。

答案用紙をみると・・・いかに
漠然とイメージで覚え漠然とイメージで回答しているのがよく分かります。(´ⅴ`lll)

正解は「税」なんですけどね。
だから例え「納税」って書いても×なんですけどね。

あと。
バリアフリー。
正解は「ユニバーサルデザイン」。

うぅぅぅぅぅん。
惜しい!

イメージとしては合ってるね。


それにしても親子って似るんだーこわいわー。
私も同じく
「漠然とイメージで覚え漠然とイメージで回答する」タイプでした。

世界史の先生には呼び出されたなぁ・・・。
懐かしい思ひ出。

あぁぁ誰か娘に勉強を教えたって~。


KOKOPRO.COM
KOKOPRO-DENTAL.COM

スポンサーサイト
2015.01.30 Fri l ◆プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top
為末大さんの講演会に行ってまいりました♪
まぁ何て素敵な方なのでしょう~


NLPや7つの習慣のキーワードが満載の講演でした!


tamesuesan2.jpg
(写真はネットからダウンロードさせていただきました)


tamesuesan.png


為末さんは
物の見方を変えていくことが大切
というお話をされました。


NLPでいうとことろのパラダイムシフトですね。
ちょうど明日、明後日の講座で、私も「物の見方」の話をしようと思っておりましたので、何ともタイムリー!!


全ては物の見方次第さ!


という話をしたあとに「あの為末大さんもそうおっしゃってたですバイ」と加えよう♪


為末さんがその「物の見方」を説明されるために、2013年に新聞広告クリエーティブコンテストでグランプリに輝いたこの広告を紹介されました。
(日本新聞協会広告委員会が開催した"しあわせ"をテーマにした新聞広告のコンテスト)

momotarou.jpg


考えさせられます。


そもそも為末さんは100mの選手だったそうです。
ところが18歳で世界の選手と出会った際に、ジャマイカの選手の速さといったらそれはそれは衝撃だったそうです。なにせ足がながーいのです。お尻の位置が日本人と全然違う!


高校生にとってはガーン\(゜ロ\)ショーック!といったところでしょうか。


しかしふとハードルの方を見ると、ジャマイカの選手がハードルに足をぶつけて走りにくそうではあーりませんか


ハードルの場合、足の長いのはかえって不利。しかも作戦や根性が必要な競技。細かい作業が必要なハードル競技なら自分は勝てるかもしれない!
と思われたそうです。


まずはここで
「ダメだ負けた」ではなく「何なら勝てるか」という視点があったから今の為末さんがあるのですね。


圧倒的な強さを見せつけれると、大抵の場合はへこんでしまいます。
そしてへこみ具合が大きければ大きいほどなかなか立ち直れないものです。
でも「そもそもへこまない物の見方」を持ってればいいのじゃん♫


また次回に、






KOKOPRO.COM
KOKOPRO-DENTAL.COM

2015.01.26 Mon l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
進化した雑誌♫ブラボー


IMG_5528.jpg


みなさんはトラベルサイズ
もうお試しになりましたか?

これまで。
辞書か?というくらい重かった女性誌。
軽くなって大歓迎♪
これならバッグに入るから持ち歩けるもんね。ルルルン
雑誌はまた進化したんですね~。

付録がついた時に「何て画期的なんだ!」と感動した方も多いはず。
そして今度はトラベルサイズ。
確かに何でも小さく軽くなっている今の時代ですものね。

JRを利用するときもこのサイズならついつい買ってしまいそう。
カバンが重いのは辛いですものね。

ところが。
ここで問題が。

小さくなったということは字も小さくなったということ。
「ギョ!老眼!?」
字ぃちっさッ!ヘ(゚∀゚ヘ)

AneCan、ELLEあたりは読者もお若いから問題なし。
しかし
STORY、家庭画報あたりは・・・。・・・。

雑誌社様
さらなる進化を期待しております。
しばらくは写真と絵をメインに楽しもう!

しかしどの業界もその努力たるや・・・。
脱帽でございます。


KOKOPRO.COM
KOKOPRO-DENTAL.COM


2015.01.14 Wed l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。