上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『教育とは、世界を変えるために用いることができる、最も強力な武器である』

『生きるうえで最も偉大な栄光とは、決して転ばないことにあるのではない。 転ぶたびに起き上がり続けることにある。』



ネルソンマンデラ氏の言葉です。
今日はマンデラ氏の誕生日なんですね。
グーグルのアニバーサリーがマンデラ氏でした。


マンデラ氏はなんと27年間も刑務所で過ごしています。
マンデラ氏は刑務所生活をする中で、人や何かを愛さなければ精神が萎えてしまう事を知っていました。
そこで、看守たちに愛情を注ぐようになったそうです
氏は、自分にひどい仕打ちをする看守さえ許しました。
これはマンデラ氏本人と看守たち双方に大きな影響を与えました。

看守たちはマンデラ氏の愛情によって心が和らぎ、態度が柔らかくなってしまうため、頻繁に交代させなければならないほどでした。彼が南アフリカ共和国初の黒人大統領として就任したときに、最前列で式典に参加した元看守もいます。
(もっと脳にいいことだけをやりなさい  マーシー・シャイモフ著)


私たちはついつい「愛されたい」と思ってしまう動物です。
しかし「愛する」というのはそれ以上に心に平和と幸せと充実感をもたらすのかもしれません。



kokopro.com
kokopro-dental.com



スポンサーサイト
2014.07.18 Fri l ◆メンタルヘルスマネジメント l コメント (0) トラックバック (0) l top
トヨタのCMに信長、秀吉、家康が登場しますよね。
それを見ながら「この人達はなんてスーパースターな3人なんだ!」と感心します。
個人的には義経とか清盛は好きなんですが、知名度でいえば信長&秀吉&家康にはぜーんぜん及びません。


数千年続いている歴史の中で、これほど愛される3人は他にいないと思います。
とても興味深い3人です。


私はそれほど歴史に詳しくないと断っておいた上で、書きますが…。
秀吉が天下を取れたのはそもそも秀吉が「東アジア全体(世界という話も)」に目を向けたいからという話には「なるほど~」と思いました。秀吉の朝鮮出兵には諸説あるようですが、東アジア全体を視野に入れていた秀吉にとって天下をとることはゴールではなく、ステップの一つにすぎなかったというのです。


天下統一なんて「屁の河童~」といったところでしょうか。


よく夢は大きく、目標は高くといわれますが、そもそも設定している値の違いは、人生の違いになってくることは多々あると思います。夢や目標はあくまで夢や目標なのですから、どんなにでっかくってもいいのです。


私自身は昔から「70歳まで働く」のが目標で、それを言うと若い子たちからは「へぇ~頑張りますね」と時々ひかれます。(笑)70歳まで働くとなると、健康は勿論のこと、自分を磨き続けていかなければなりません。あと30年ほどあるので、どんどん自己投資していかないとなぁ~と思います。


最近では「60歳からの企業」とか「45歳からの転職」とかがテーマの雑誌も増えてとっても嬉しいですね♪60歳でリタイアと思って生きるのと、60歳から企業と思って生きるのではそれまでの生き方がぜーんぜん変わりますものね。


イキイキした素敵な大人が増える事は、若者たちにとっての夢や希望となり、明るい未来となり、若い方のメンタルヘルスにも大いに貢献することと思います。


みんなで80歳まで働こうぜ!



kokopro.com
kokopro-dental.com

2014.07.09 Wed l ◆メンタルヘルスマネジメント l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日、以前私の講座を受講してくださった方が遊びに来てくださいまして。
色々お話する中で「いい人」の話になりました。


そこで
毒がない人には薬もない」という話をしたら「名言だ!」と言われたのですが、これは私が言った言葉でなくどこかで聞いた言葉。その言葉をきいた時に「なるほど確かに。」と妙に納得したのでした。


私たちは「いい人」であろうとします。しかし、人はそもそも『喜怒哀楽』という言葉があるように、怒るし、悲しむのです。嫉妬するし、愚痴愚痴するし、批判するし、落ち込むし、人より優位に立ちたいと思うのです。


その当たり前の部分を封印してしまうというのはなかなかどうして精神衛生上よくないのではないでしょうか。だって怒り、嫉妬し、愚痴を言い、批判し、落ち込み、人より優位に立ちたい・・・それが人間だから。


それが人間だと心得え、自分の負の要素も受け入れ、毒になるか薬になるかそこの割合を上手く調合していけるようになるのが大人になっていくということかもなぁと思います。


私は常々「チベットの高僧のようになりたい」と願い、いつも心穏やかにいられる人になりたいと心がけています。またそういう平和な世界を夢見ています。しかし一方で。実際にこの世の中が、みーんなチベットの高僧のようだったら・・・ちょっとつまらないなぁとも思っています。


ところで映画やドラマの主人公というのは、「いい人」ではないと思いませんか?
仕事は出来るけど人づきあいが苦手だったり、熱血だけど熱くなりすぎて失敗したり、優しいけど優柔不断だったり。


人が好きになるのもそういう「魅力的な人」なんだと思います。


kokopro.com
kokopro-dental.com



2014.07.03 Thu l ◆受講生の方より l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。