上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
おはようございます。
ずーっとずーっと前から思っていたんですけどね。
毎朝毎朝テレビをつけると悲しい事件や悲惨な事故の話しばかりですよね。


大切な一日のスタートに事件や事故はふさわしくありません。
しかもそういう報道は、雰囲気づくりのためにわざと暗く重い声でナレーションが入っていたりするので、朝一番に取り入れる情報としてはすすめません。


朝のスタートは無理やりでもHappyな気持ちや穏やかな気持ちでスタートすることをおすすめします。そのための方法として「耳からの情報」を自分でコントロールしてみてはいかがでしょうか。


朝一番に好きな音楽を流すとか、外に出て自然の鳥の鳴き声を聞くとか。


私たち人間は、自分自身の感情や状態に関わらず、周りの環境とシンクロしやすいのです。自分自身の感情や状態を変えるというのは難しいでしょうが、環境を変える事はわりと簡単です。


例えば、私は午前中はわりとアップテンポな曲を聴くようにしたり、「やる気は起きないけれどもやらないといけない事がある」時などは、わざと録画しておいたお笑い番組をBGMにして仕事をすることがあります。


お笑い番組については、笑いながら仕事が出来るので、楽しいまま時間が過ぎていつの間にか仕事が完成します。それもう1つ良いのが「笑い声」。


お笑い番組は数秒に1回笑い声が入るようになっているので、私は自分自身の気持ちにエネルギーを入れたいときによく使います。


ただ、時々大好きなお笑い番組を「疲れる」と思う事があります。こういう時は「おーっとこりゃ脳が相当疲れとるな」と判断し、さっさとヒーリング曲に切り替えます。自分の状態を把握するのにも役立ちます。


気持ちをリラックスさせたい時はハワイアン。
お昼寝の時はθ波のBGM。
ストレスと発散したいときはJ-POPで一緒に歌う。
寝る前は波の音や虫の声。


そういえば数年前、仕事で一番落ち込んでいた時期は、ファンモンの歌にやはりはげまされました。さすがキングオブ応援ソング♫


音楽は基本的にコーピング(ストレス解消)に効果的です。


皆さんの日常に「耳からマネジメント」取り入れてみてはいかがでしょうか?


kokopro.com
kokopro-dental.com


20140626 (3)
すみっこが好きなの♪

スポンサーサイト
2014.06.27 Fri l ◆メンタルヘルスマネジメント l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりに「だめだこりゃ」とガックリきたのが話題のセクハラやじ。
野次の内容や謝罪会見について日々話題となっていますが


私がこのニュースを知って一番違和感を覚えたのが「セクハラ」という表現です。
むしろ「人権侵害」「差別」という言葉のほうがしっくりきます。
セクハラというのは何となく「嫌がらせ」という感覚で、「人権侵害」「差別」に比べて軽いイメージです。


今回のケースは根本に差別的思想があり、決して「嫌がらせ」程度のことではないと思うのです。この発言に心底傷ついた女性はたくさんいらっしゃると思います。


私自身不妊治療でなやんだことがありますが、その本人の精神的、経済的負担というのは経験した人でないと分からないと思います。だからといって「分からなくても仕方がない」ということではなく、少なくとも
自分は無知なんだ」という謙虚さを持っておくべきだと思います。


また結婚についても本人の生き方であり、結婚する=普通、当たり前という感覚も本当に「世間知らずだなぁ」と思います。個人的価値観はそれぞれで良いと思いますが、ここでも自分の考え=世間の考えと思ってしまっているあたりが無知で謙虚さに欠けています


今回の件で「政治家は世間知らず」などと言われていますが、世間知らず♫とかいう可愛らしいレベルではなくて「差別的思想を持っている人」です。誰だって大なり小なり他人と比較して優越感や劣等感を感じるものですが、このレベルはもう・・・。


根本に差別的思想があるということは、例えばメンタル不調になってしまった人に対しても同じような発想しかできないということだと思います。そういう人達が本当に弱者を救えるのか。というか本気で救いたい、何とかしたいと思ってる?


とてもとても残念です。
世界のメディアでも取り上げられ、日本国民としては本当に恥ずかしいです。
せっかくワールドカップのサポーターが試合後にゴミ拾いをして世界から拍手をいただいたのにね。
本当~に残念。


kokopro.com
kokopro-dental.com


※かといって事務所に大量の生卵もダメですよ。恥の上塗りです。
2014.06.24 Tue l ◆メンタルヘルスマネジメント l コメント (0) トラックバック (0) l top
『性格が暗い、家族が見舞いにきてくれない患者は植物状態から回復しにくい。』
とおっしゃったのは林成之先生。脳神経外科の先生で、救命救急の現場で治療に取り組んできた方です。


「性格と植物状態からの復活が関係しているのか?」と、これは大変興味深いので「ふむふむ」と読んでみますと・・・
まぁこれがややこしい(笑)。私の頭脳ではついていけない。(笑)
しかしどうやらドーパミンA10神経群というのが関係しているようです。


ドーパミンというのは聞いた事があるかと思いますが、快楽物質です。

私なりの解釈ですが。
ここから私個人の解釈なので青文字部分はすっとばして読んで頂いて大丈夫です。

明るく楽しく生きる(笑ったり興味を持ったり・・・)
⇒ドーパミンが出る
⇒このドーパミンを元に機能しているドーパミンA10神経群の機能活性が高まる

※ドーパミンA10神経群は、海馬(記憶)、扁桃核(喜怒哀楽)、視床下部(意欲)、側坐核(好き嫌い)、尾状核(感情)、嗅結節(臭い)、前頭連合野(判断)などの神経群人間の心を生み出す仕組みに大きく関係している。


人間らしい要素というのはどれもドーパミンA10神経群が関わっていて、それを鍛えにはドーパミンが必要ということでしょうか。(ぴったり当たらなくとも遠からずだと思います。かなり勉強しましたので♪)


そしてさらに興味深かったのは、性格が明るいというのは、わいわい騒ぐことでははく「否定語は少なく、考えがいつも前向きで、いるだけでその場が活気づくような性格」とおっしゃっていたことです。


「は!愚痴は三毒だ。」というのを思い出しました。「やっぱり現在医学を持っても、愚痴は毒なんだわぁ」。哲学、心理学、医学・・・色々ありますが、いきつくところが2500年前の仏陀の教えとほぼ同じじゃん♫というのがとてもとても素晴らしいと思ったのです。


人間というのは非科学の世界で、科学的証明もないままに、人間にとって大切な事をすでに知っていたのです。
人間の可能性ってやっぱり素晴らしい~(((o(*゚▽゚*)o)))


まとめますと。
メンタルヘルスためにはドーパミンA10神経群を鍛えた方がよい。


そのためには私たちが日常的にできることは
楽しいと思う事を増やす(←まとめすぎ(笑))


そこで。
今日の夕飯はミニ宴会だ!
さぁおつまみを仕入れにいこっと♫


kokopro.com
kokopro-dental.com



20140618.jpg
お顔出してみはってんの。
2014.06.20 Fri l ◆メンタルヘルスマネジメント l コメント (0) トラックバック (0) l top
メンタルヘルスを個人レベルでマネジメントするのがでしたら
何と言ってもおススメは「運動」。

「とにかく身体を動かすのだ!

確か私が大好きな心理学者の内藤誼人先生も「運動だ」とおっしゃっていたと思います。


思えば。
私が子どもの頃は、コンビニもないし、大型ショッピングセンターもないし、インターネットもありませんでしたから、母は毎日毎日、歩いて商店街へ行き、商店街のお店を1件1件回って買い物カゴに入れ、その重たい荷物を持って、また歩いて家に帰っておりました。さらに郵便局だ、銀行だ、と町の中をくるくる回って家に帰るのです。

徒歩ですから、一度に変える量も限られています。すなわちこれをほぼ毎日繰り返さなければ生活が成り立たないのでした。

今、同じ事をやりなさいと言われたら、考えただけで遠い目です。
せめて自転車を使わせて下さい…。でも自転車だとビール1ケースはきつい。。。



ところがとにかく現在はじーっとしていて生活が成り立っちゃう時代なんですね。
自分で意識して身体を動かさないとな時代です。

運動がメンタルヘルスに効果的な理由はたくさんありますが、これがですね、調べれば調べるほど「ビバ運動!」なのです。


●運動すると脳の血流量が増えやる気が起こる
●運動するとセロトニンが出て扁桃体に抑制がかかり感情に過剰反応しなくなる
●運動すると運動連合野が働き、隣の前頭前野が刺激され学習効果、記憶力があがる

などという脳科学的なこともありますし


●運動することで身体が鍛えられ、病気になりにくくなる
●運動することで筋力がアップ(維持)でき、足腰が鍛えられる

身体に不具合があると、何となく気持ちが滅入ってしまうものですから、身体を鍛える事はすなわち心を鍛える事でしょう。



ワンコをみていても明らか。
お散歩に行った後は明らかに満たされて安定している」のです。
ものすごく良い顔をしています。


夫は教員なのですが子ども(特に男の子)も
休み時間に外で遊んだ後の授業は落ち着いているが、外に出られなかったときはずーっと落ち着かない」そうです。

理屈をぬきにしても運動はよさそうです。


何の運動が良いか?
これは、よく「有酸素運動」とありますが、私はあまりこだわらずに自分が楽しいとか心地よいと思うものを日常に取り入れると良いと思います。


私も過去、テニス、タヒチアンダンス、ヨガ、スイミング、ジョギング、ウォーキングをやってみましたが、どれもそれぞれの良さがあったなぁと思います。

運動をした後はごはんもビールも美味しいですよ



kokopro.com
kokopro-dental.com

2014.06.18 Wed l ◆メンタルヘルスマネジメント l コメント (0) トラックバック (0) l top
娘が中学生になり、途端に「児童」から「学生」になったのには驚きました。
言葉遣いといい、振る舞いといい、全体的に醸し出す雰囲気が「学生」っぽくなりました。
一瞬にして変わりすぎやろ~」とビックリでございます。


中学に入ると部活とか先輩とか試験とかそういうキーワードも登場します。
そうかたいていの人間は中学時代に上限関係を覚えるであるな」と興味深く観察しております。


そして中学になって登場したものの中に「カウンセラーだより」というものがあります。
スクールカウンセラーの先生が週1~2回いらっしゃるようです。
何でもこの先生はスクールカウンセラーとして17年目、2000件以上のカウンセリングをなさってこられたそう。学級に入れなかったり、学校自体に行けなかったり、問題行動を引き起こしたりといった様々な生徒さんたちの面接をしてこられた方です。

そして大変大変興味深いことにそういうお子さん達には
けっこう多くの共通点がみえてきています」と。


例えば
1.眠れない、つい涙が出る、朝学校に行くとき調子が悪い
2.傷つきやすく考えすぎ、どう思われているかを気にしすぎる
3.3人以上の友達関係が苦手である



私が注目したのは3番目。
3人以上の友達関係が苦手ということ。
ビジネスの世界でも「3人になれば組織」といいます。2人と3人の差はグッと違うのかもしれません。


私個人の考えですが、これを「性格」のせいにしてしまうのはキツイと思います。だって性格ってそうそう変えれるものではないですし、そもそも性格なんて得体のしれないもの。


私個人のことで申し訳ないのですが、
今でこそ人前でペラペラ喋るお仕事をしているので「田木は社交的で積極的、人前に出るのが好き、リーダーシップをとるのが得意」のように思われる事も多いですが、ぜーんぜん。 どちらかというと「人見知りで前に出るのは苦手、消極的でサポートの方が好き」なのです。だから学校PTAなど仕事以外の社会ではおとなしーく空気のように座っています。「いた?」みたいな。

小学生の頃もみんなが外に出て遊ぶ中、一人教室に残り先生とお絵かきをしているような子でした(笑)。発表もしたくないし、代表で何か言うなんてぜーったいイヤ。運動会の選手宣誓の役に選ばれたのに「勘弁してくらさい~」と辞退したこともありました。


ところがところが。
そんな子だった私が、今では「プレゼンテーションならだれにも負けませんよ」位になるのだから、性格と社会的スキルは分けて考えるべき。


あなたはあなたのままでいい。


その上で、人間は社会的動物なのだから、社会性をスキルとして磨くこと、努力して身に着けていくことは一生の課題なんだと思います。


kokopro.com
kokopro-dental.com

20140612.jpg
ねぇねぇお散歩につれてって~

2014.06.14 Sat l ◆メンタルヘルスマネジメント l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。