上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
●プライベートの安定と充実●



女性は男性と違って大きく2回、人生が劇的に変化します。


1回目は結婚。2回目は出産です。


男性は結婚によって自分の人生が大きく変わることはそうありません。ですが女性は、場合によっては全てをゼロにしなければなりません。


私自身、生まれ育った土地を離れ、夫の住む熊本に嫁いできました。結婚前には全く予想できませんでしたが「結婚って全てをゼロからスタートするってことなんだ」と痛感しました。


友達もゼロ、仲間もゼロ、仕事もゼロ、趣味サークルもゼロ、行きなれた美容室も、馴染みの店員さんも…20数年でコツコツと積み上げてきたものが、全てゼロからやり直しです。


これを一つ一つ手にしていく事がどれだけ大変なことか。経験された方も少なくないのではないでしょうか。


仕事に関していえば、それまで培った人脈も、経験も、知識も、スキルも「ぱぁ」になるのです。もしも夫が転勤族の場合、数年に一度、「ぱぁ」状態がやってきます。そして、結婚の次には出産が待ち受けています。そしてさらにその先に介護が待ち受けています。


もうお分かりだと思いますが、仕事に関しては、何度も何度もリセットせざるをえないのです


だとしたら、どうでしょうか。
仕事にすべてのエネルギーを注ぐということは難しいと思いませんか?


よく男性から「仕事に対する真剣さが感じられない」「責任感がない」「将来を見据えてない」等のお声をききますが、彼女達はすぐにリセットされてしまうと分かっているのでキャリアを積む事に全力投球はできませんし、魅力的ではないのです。


だって。一生懸命積んだ積木がいつ崩されるかわからないのですから


私は幸い「自分で仕事を作る」という道を選んだので、出産、子どもの成長、夫の仕事に応じて仕事量を調整することができ、ゆっくり地道にではありますが、自分のキャリアを積み上げていくことができています。それでも家事や育児はほぼ女性の仕事ですから、男性と同じように仕事だけにエネルギーを注ぐわけにはいきません。


最近は「専業主婦志向」の20代が増えているそうですが、そういう「もともと仕事での成功は望まない」という女性たちを含め、仕事以外の場に充実感や満足感を求めるのは当然の流れでしょう。


このほかにも
●仕事で成功した女性が高く評価されない(お局様もそれを表してますよね)
●仕事でお手本になるような女性がいない
●男性ほど権威欲はない
●男性ほど活躍できる場がない
●能力を正当に評価してもらえない



等々・・・色々な理由があると思いますが


だったらキャリアップよりも
・休みをとりやすい
・家から近い
・制服が可愛い
・自分が楽しい
・アフターファイブを満喫できる
等はとても重要なポイントになります。


私の結論は「だからオシャレな場所で休みをとりやすく可愛い制服にしてください」という事ではありません。


女性は何度もリセットせざるを得ないという事を知っておいて欲しいのです。しかも大きなリセットです。「北海道支店から沖縄支店に異動になった」とかそういうレベルではなく、人生そのもののリセットです。


その中で、可能な限り柔軟に真剣に精一杯仕事をしている女性達がたくさんたくさんいることを知っていて欲しいと思います。





KOKO PRO



スポンサーサイト
2013.05.27 Mon l ◆受講生の方より l コメント (0) トラックバック (0) l top
●結果より人間関係●


そもそも人類は、
男性は狩りに出かけ獲物をGETする。
女性は子どもを育て家族を守る。

これが男女の役割でした。


男性にとっては獲物を捕えられなければ家族を養う事はできません。女性は弱い女性と子どもで自分たちを守らないといけませんから、当然、集団となってお互いに助け合いながら、子育てや家事をしていました。


男性は結果を出すことが何よりであり、女性は周囲の人たちと円満に過ごすことが何より大切。命を守る上で何より大切だったのです。


時代は平成。
現在もこのDNAは受け継がれているでしょう。
男性が子どもを産めるようになれば変わってくるかもしれません。


女性は、男性が思っているほど「男性の目」を気にしてはいません。褒められたり評価されたりは勿論嬉しいですが、多少男性上司(部下)と上手くいかなくてもそれ程ダメージはありません。


むしろ「女性の目」の方が大切です。女性の仲間同士で上手くいかなくなるというのは相当なダメージです。多少自分のキャリアがどうなろうと、女性同士の関係性を優先させる方は多いと思います。


私自身、リーダー職をしていた頃、一番苦労したのは「女性社員間の調整」でした。「〇〇さんは私の事が嫌いみたい」「〇〇さんにこんな事を言われた」「〇〇さんがこんなことを言ってました」などなど…。


男性ホルモンの多い私としては「どーでもいいんじゃ?」と思うような事でしたが、本人達はいたって真剣です。涙を流したり本気で落ち込んだりしているのです。その間をとりもって調整するのが何より大変でした。


その頃、私はある事を上司に頼み続けました。
「サポートしてくれる人を配置してほしい」
結局、それは叶わず、結果的にその職を退くことになりました。もしもあの時、サポートしてもらえるような人が一人でも側にいてくれたら…今でもその仕事をしていたかもしれません。


結局私も「結果より人間関係」を大切にし「女性の目」を気にする‘女性’で、その対応にエネルギーの大半を使っていました。


じゃぁどうすればいいのか?


孤立しないように環境を整えること。
これは男性が思っている以上に大切です。


女性管理職のそばにはその人をサポートできるような気の合う女性を配置する、同じような立場の女性を作り悩みを相談しあえるようにする、チームや班で動けけるようにする等など…。


女性が自分一人で立ち、未来を拓いていくにはまだまだ社会が追い付いていません。
努力をする女性が、可能性のある女性が、どんどん活躍できますように、ぜひぜひご配慮いただければと願っております。



KOKOPRO

2013.05.09 Thu l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。