上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
●仕事内容より仕事イメージ●


まずは、女性社員の採用と定着化について考えたいと思います。


私が中学生のころ。とても人気のある高校がありました。倍率も当然高くなります。その理由は何だと思いますか?


答え:「制服が可愛いから♪


しかももっと偏差値が高い学校へ行ける能力があって、その上で制服優先でした。
「将来より制服かい!?」と突っ込むこともなく、わたし自身も「あ~わかるなぁ」と思っておりました。


男子で偏差値60の学生が「あの高校は制服がかっこいいから」という理由で偏差値50の高校を選ぶというような例は聞いたことありません。


現在の学生事情は知りませんが、「イメージ重視」は男性より女性の方が強いと思います。


その理由は生理学的にも社会学的にも色々ありますから、それはとりあえず横に置いておいて、つまり職を選ぶ際の選択基準として「オフィスが素敵」「制服が可愛い」「おしゃれな街にある」「明るく楽しそう」「きこえがいい」はとても重要なのです。


さらにその仕事に誇りをもってイキイキと仕事ができるかにも影響します。


男性から見れば「は?オフィスが地味?」「は?制服がダサい?」「は?オフィスの立地が悪い?」・・・。そんなこと仕事自体にな~んも関係ないやんという男性の顔が目に浮かびますが、とても重要なのです。


少し話はそれますが…
オフィスの1階に卓球場を作ったら就職希望者が増えた。とか
グレーの作業場をカラフルな色で塗ったら効率が上がった。などの報告もあります。そういう意味では今の若い男性もイメージ重視が増えているのでしょう。「なんか楽しそうな会社ジャン!」「なんか作業も楽しくなるジャン!」。


残念ながら現状は「決定権があるのが男性」である場合が多いのでまだまだ先は遠いなぁ~と思いますが、本気で女性社員と友好的にやっていきたい、女性社員に活躍してもらいたいと思っていらっしゃるのでしたら
〇トイレ
〇制服(服装の規定)
〇ロッカー
〇コミュニティスペースの確保(お昼を食べる場所など)
〇パーソナルスペースの広さ
〇明るさ
〇匂い
〇カップなどの備品
〇男性社員の身だしなみ


最低これくらいかな…。(もっとあるという方はぜひご一報を(^○^))見直してみられるといいと思います。案外その効果の高さに驚かれることと思います。


過去記事に「社員をその気にさせる仕掛け」というのも掲載しておりますのでよろしければご覧ください。



KOKOPRO

スポンサーサイト
2013.04.27 Sat l ◆受講生の方より l コメント (0) トラックバック (0) l top
●男性社員の女性版を求めていると上手くいかない●


増えぬ『なでしこ管理職』、日本、先進国最低の12%
今年1月の日経新聞の記事でございます。


日本の全就業者に占める女性の比率は42.2%。米国、英国などの各国も45%前後で、欧米とほとんど変わらない。だが、企業の課長以上や管理的公務員を指す『管理的職業従事者』に女性が占める比率だと日本はわずか11.9%に落ち込む。先進国の中で最低水準。


働く女性の割合は変わらないのに女性管理職になると途端にグーッと減る。っていうことですね。


わたくし。「そもそもの脳の構造や先祖代々から引き継がれた遺伝子が違うので女性は偉くなりたいんだ!という地位や名声にそんなに興味がないから、女性管理職は少ないんじゃない。」とばっかり思ってましたが、このデータを見るとそういうわけでもなさそうです。


どうも「男はこう」「女はこう」という日本独特の刷り込みも影響しているようで、これは根深そう。


先日、夫と話していた時。
男性は将来のために、キャリアのために「今大変だけどこの仕事は今受けておくべきだ」と考える。が。女性は「だって私いま忙しいもん♪」的に考える。それでどうしてもすれ違う。という話になりましたが、そりゃそうです。


元々、自分の未来像に『人の上に立ち多くの人を従えている自分』はありません。『地位や名声を手に入れている素敵な私』はありません。


元々、自分の未来像に『人の上に立ち多くの人を従えているかっこいい自分』はありません。『地位や名声を手に入れている素敵な私』はありません。


それは本来持った生理的な脳科学的な?こともあると思いますが、もう一つ。小さいころから刷り込まれた「男はこう」「女はこう」が根深く存在するからでございます。


働く女性の比率が42.2%で、管理職は先進国最低・・・という事は、日本の会社の構造はほぼ「男性上司に女性部下」の図式なわけです~。


それだと確かに「女性社員とどう接すればいいのか…」「女性社員のマネジメントの方法を知りたい」「男性は扱いやすいけど女性は…」となりますよね。


男性管理職の皆様!
女性社員に「男性社員の女性版」を求めていませんか?


ということで、しばらくは「女性社員のマネジメント」について綴りたいと思います。
(頑張って週1を目指しますぞ!)


KOKOPRO



2013.04.25 Thu l ◆リーダーの方へ l コメント (0) トラックバック (0) l top
サイトリニューアルしました。
私、田木の手作りでございます。


まさかこういう所で、過去の知識がいかされるとは…。
やっぱり
「知識は身を助ける」ものです。


何事も経験しておくといつか必ず役立つとしみじみ。


みなさんも「なんでこんなことしてるんだろう」「なんだったんだろう」と思う事ありますよね。
振り返れば私も山ほどございます。


思い起こせば・・・


マニュアル片手に四苦八苦しながら自分でサイトを立ち上げた時もありました。

何か仕事をと医療事務の資格取得したこともありました。

税理士目指して簿記の資格を取得したこともありました。

マナー試験の時、面接官にすっごいダメ出しをされて落ち込んだこともありました。

完全無料で3か月間研修のお仕事をしたこともありました。

依頼されて年末年始猛勉強の末、結局研修開催ならずということもありました。
(↑こういうの結構あります。

あ~今となってはどれも全ていい思い出。



そういう事を振り返りながら…
本当に、今の自分を支えてくれている「過去の自分」に感謝だと思いました。


先日。後輩に「大丈夫。今が辛くても、あなたがそうやって努力している物事は、全て必ず報われるから。」「安心して進むといいよ。」という話をしましたが、実はそれは自分自身へのメッセージだったかなぁと思います。


さて。
サイトも一段落しましたので。
次へ!



KOKO PRO


2013.04.19 Fri l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。