FC2ブログ
前回、女性目線で気になる所を書きました。「細かいわぁ~」「綺麗好きなんやね~」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、そういう事ではありません。


職場環境に気を配っている組織=社員を大切にしている組織
という印象を受けるのです。


私個人のことで恐縮ですが…
大学を卒業して最初に入社したのが化粧品メーカーでした。
もう20年も前のことですから、まだまだ男性優位の組織だったような感じはしますが、女性目線だらけの組織だったのは間違いないと思います。


トイレは広く明るく、ロッカールームは広く、化粧品は使い放題、女性ファッション誌は常備、お菓子もいっぱいあったし、ホテルで新年会や食事会があったり、サンプルを無料でもらえたり、あまったノベルティで抽選会したり…。


つまりは。
楽しいのです。
しかも。
自分を大切に扱ってくれているという実感があるのです。



トイレやロッカールームは、女性同士の憩いの場です。最高のコミュニケーションの場です。オフィスでは話せないことも、普段あまり交流のない他部署の人とも、ここではわいわいがやがや♪


化粧品は使い放題でした。といっても、みんな自分の愛用品を使うので(他社品も多く…(≧v≦))実際はそんなに活躍していませんでしたが、実際に役立つかどうかなんてどうでもいいのです。「好きなだけ使ってね」という会社からのメッセージが大切なのです。


女性ファッション誌もなかなかの働きをします。昼休みにみんなで「このモデルさんが可愛い」「この服が好き」などと盛り上がります。共通の物が共通の話題を生み、共感を生みます。世代は関係ありません。これを会社の経費で買っているというのがポイントで、自分で持ってきたのと会社が準備してくれているのでは、会社に対する愛着とか感謝とかなんだか色々出てくるものです。


それから、ホテルでの会食。
なぜホテルか。
それはズバリ「おしゃれができるから」です。
女性はそもそもおしゃれをしてお出かけをするのが大好きです。ただ行く場がないだけで、行く場があればそれまでの期間も楽しめます。成人式で着ただけの着物とか、結婚式で着ただけのワンピとかが出番となる滅多にないチャンスです。それだけでワクワクします。だから居酒屋ではダメなのです。


人は「大切にしてもらっている」と感じるから「大切にしよう」と思うものです。
人は「楽しい」と思えば自然と力が出てきます。

全社員が自分の会社を「大切にしよう」と思い、日々を「楽しい」と思ったら…それはすごいエネルギーになると思いませんか?


モチベーションアップのために制度とか教育とか(←って私やってますが…本業ですが…)を何時間もかけて行うのも大切ですが、社員をその気にさせるちょっとした「仕掛け」を楽しみながらやってみてください♪
案外効果は大きいですよ



KOKOPRO




スポンサーサイト



2012.11.06 Tue l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top