上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
私は仕事柄、様々な組織にお邪魔します。その際についつい目がいってしまうところというのが…


〇トイレ
〇スリッパ
〇飲み物
〇棚
〇机や椅子
〇パーソナルスペースの広さ
〇明るさ
〇匂い
〇カップなどの備品
〇観葉植物



けっこう色々見てますね~自分でもびっくり。


どんな車に乗っているかで何となくその人の人となりって分かりますよね。どんな家に住んでるかでその人の人となりって分かりますよね。


それと同じく。
社内がどんな環境なのかを見れば、その組織も分かるのではないかなぁと思います。


売上とか企業理念とかは五感で感じられるものではないので、入った瞬間に…はないのですが、上にあげた項目は五感で感じるものなので、ほんとに「実感」として印象に残るんですよね~。


だって。
A社のトイレは最高だ!とか
B社のお茶は素晴らしい!とか
C社のカップはオシャレで素敵!とか
D社の棚はピカイチ!とか
E社の空気は爽快!とか
今でもはっきりとイメージできるくらい覚えてますもん。


逆もあって…。
F社のトイレはありえない。とか
G社のスリッパは全員バイバイ。とか
H社の観葉植物は捨てた方がいい。とか
I社の間取りは即刻リフォーム。とか
J社の水は変えた方がいい。とか
これも今でもはっきりとイメージできちゃうんですよね~。


実際に見たり触ったり感じたりするものって入ってきやすく残りやすい。これが企業イメージとか、従業員さんの働きやすさにつながると思います。


毎日毎日のことだもの♪
女性の意見をきいてみてください♪



KOKOPRO











スポンサーサイト
2012.10.31 Wed l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は女性のためのステップアップセミナーの第2回目を担当させて頂きました。八代市ではここ数年恒例となっているようで、全4回、色々な講師が様々なテーマでセミナーを行います。とても興味深い内容ばかりでリピーターもいらっしゃる位。わが町でも開催してくれないかなぁ~八代いいなぁ~と思いました。


受講される方が全員女性約80名
これっていいですね~。女性だけということでなのか、皆さんとっても素直に感情を表現してくださって、堅苦しい感じがなくとっても楽しいセミナーでした。八代の女性がピュアな方が多いというのもあるかもしれません。


それで。
私自身色々なセミナーに参加いたしますが、男性がいらっしゃると発言を控えてしまう事ってあるなぁとふと思いました。これっていつの間にかしみついた「男性優位」の感覚なんでしょうか。


それで。
組織でも女性だけの会議を開くといいのではないかと思うのです。女性だけの会議。略して「女子会」。おやつをポリポリ食べながら「だいたい男子ってさぁ」みたいな感じで会議を進めていくと、新しいアイデアが生まれそうな予感


会議で決まった内容であれば、一人の意見よりも取り入れてもらいやすいでしょうし。同じ部署とか同じ職務で会議を行うのもいいですが、同じという事は視点も似ているので、あまり劇的な意見やアイデアは出ない気が致します。その点、部署や年齢も越えての「女子会議」は斬新なアイデアが生まれそうな予感


まだまだ日本社会って、男性目線でつくられている部分が多いですよね。経済を動かすのは女性なのに何ででしょうね~。


女子会=女子会議。
おすすめです。
2012.10.26 Fri l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
「8時間で木を切れといわれたら、私は初めの7時間(6時間)を斧の刃を研ぐことにあてる」
これを聞いてあなたならどう思いますか?


同じようにじっくり刃を研ぐかなぁという方。
とりあえず木を切り始めるなぁという方。
1時間くらいは刃を研ぐかなぁという方。


色々いらっしゃると思います。


実はこれはエイブラハム・リンカーンの名言の一つで、捉え方は人によって様々ですが「準備の大切さ」「状態を整えることの大切さ」を語っているようです。


が、
先日これをある会社の研修でご紹介したところ、大変面白い回答が!
「名人を呼んでくる」
「チェーンソーを借りてくる」
「タウンページをひらく」



おぉぉぉ~なるほどぉぉぉ。
リンカーンもびっくり\(◎o◎)/!


皆さん想像以上に発想豊かで感動いたしました。
私はせいぜい時間配分を変えるくらいの発想しかなかったのですが「おぉその手があったか!」と感動~。


「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである」とおっしゃったのはアインシュタイン氏ですが、まさにおっしゃる通り。あ~ほんと。自分の想像できる範囲なんてほんのちっぽけなものなんだなぁ。


もっともっと視野を広く、大きく、生きていきたいと思った次第でした。


ちなみに…
私の大好きなペップトークの岩崎由純先生(アスレティック・トレーナー)は
「最初の1時間は準備運動にあて、6時間で木を切って、最後の1時間はクールダウンとアフターケア」。→さすがです。


2012.10.19 Fri l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
人魚姫のお話は皆さんご存知でしょうか?悲劇のヒロインのお話です。


以前、結婚式で「人魚姫の登場人物で誰が悪いと思うかによってその人の心理が分かる」というのをやったことがあります。(本当に結婚式です。ちなみに私は魔女役だったような…)


その結果は覚えていないのですが(ごめんなさい)。我が家では人魚姫の話題になり、誰が悪いかということになりまして…


娘が即答
娘 「人魚姫!」
私 「おー。理由は?」
娘 「だって。勝手に王子様を好きになって、勝手に助けて、勝手に魔女のところいって、勝手に…」。


男性にはそういう発想はないのか、魔女が悪いかなぁ(←正統派)とか考えていた夫はびっくり。


ただ、女性同士だからか、親子だからか、私は娘の意見に同感。「この娘、子どもなのになかなか深いところをついてきたわぁ」とチョット尊敬。


私は人魚姫が悪いとは思いませんが、最もなんだかなぁ~と思うのが人魚姫。
私 「だって。たかが男一人にそんなに自分のすべてを捧げてどうする。」
夫 「依存しすぎってこと?(苦笑)」
私&娘 「だって。ねぇ~。どうかと思うよ。」


あ~悲劇のヒロインも台無し。。。
メルヘンチックさなんかゼロ。


さらに、昔話の話になり…。
「ところで、かぐや姫って何しに地球に来たの?」という話題に。


竹から生まれ、年ごろになって、多くの男性からのプロポーズを受け、その男性たちに無理難題を投げかけ、それを達成した方と結婚します…とかいう話だったよね、と。


それでもって「お迎えが来たので月に帰らないとなりませぬ」と帰って行かれました。


「何しに来たん?」



KOKOPRO



2012.10.09 Tue l ◆プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top
これから億万長者になる人は「コミュニケーション能力が高い人だ」とクリス岡崎氏はおっしゃったそうです。


「まぁ!ほんとぉ!コミュニケーション勉強しててよかった~」と思った次第でございます。


それで、コミュニケーションスキルは色々とあるのですが、私がセミナーで時々行うのが「きくスキル」。これは受講生のみなさんに実践して頂きます。そうすると、きく事がいかに難しいか、自分の知らない癖があるか…がわかります。


そんな中
先日「お~すごい!プロ級だわぁ」という方にお会いしたのでご紹介させて頂きます。


きく際のポイントの一つに「あいづち」があります。それも、いかに「肯定的あいづち」を入れられるかどうか。あいづちも「えぇ」「はい」などの一般的なものは勿論ですが、相手の方に「共感、同調」するあいづちが肯定的あいづちです。


例えば
「なるほど」「おっしゃる通りです」「ですよね」などは肯定的あいづちです。


で、先日お会いしたキング(と勝手に呼んでいます)のあいづちは・・・
「そんな時ありますよね」
「結局そこにいきつきますよね」
「私もそれ、知りたいです」

てな風で、まぁ出るわ出るわ。


お見せできないのが残念なのですが、表情、姿勢、視線などなど全てが素晴らしかった


皆さんメモメモです。
今日から使いましょう
「そんな時ってありますよね」「結局そこにいきつきますよね」「私もそれ知りたいです」



KOKOPRO
2012.10.04 Thu l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。