上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前回「どうにかできること」「どうにもならないこと」を分けて考えるというような事を書きましたが。
実は、本当に大事なのはグレーゾーンなのではと思います。


全くどうにもならないことは、まぁ諦めやすいし、手を引きやすいんですけど「ちょっと無理すればどうにかできる」って事がけっこういっぱいあるんですよね~。


ここを選択するのが一番難しいと思います。「そこを何とかお願い!」とか言われちゃうと、いよいよNOと言えなくなっちゃう。

そこで。
「ちょっと無理すれば」について。「ちょっと無理すれば」をやっている時には、その代わりとなるもの、何らかの「代償」を払っているものだと思います。


例えば睡眠時間を削っている場合は「健康」という代償を払います。残業時間が長くなればなるほど「家族との団らん」という代償を払います。タダではないのですなぁ~。


代償として支払われやすいのは
・健康
・家族との団らん
・リラックスする時間
・未来への投資の時間
・趣味の時間
・人脈を広げる時間



こういうのですね。
目には見えないものなので「まぁいいか。」となりやすいのですが、実は実はこれ。すべて「緊急ではないが重要な事」ゾーンに入るものです。


緊急性がないので、それで損した感覚もないし、急激に事態が悪化することもないので気が付いたときは相当支払っているというケースもあります。


先日セミナーでお会いした男性がこんな事をおっしゃていました。「定年したら悠々自適な生活が待っていると思っていた。でも実際は、行くところがない、することがない、友達もない、打ち込むものもない、なにもない」と。その男性はその状況を何とかしたいとセミナーに参加なさっていました。


本当に一生懸命お仕事なさってきた方なんだなぁと思いました。私の父もそうだったなぁと思いました。その男性は、健康であるようでしたので、まだこれから色々とチャレンジなさっていかれると思います。


私もよく「ちょっと無理すれば」…さぁどうしよう。という事があります。その際はその代償が何かを考えて、天秤にかけてみるようにしています。それと、今自分がどれくらい代償を払っているかの残高確認を時々しないとなぁと思います。


「テニスなのでその日はちょっと」とは言いにくいものですが、私の大事な「健康、リラックス、仕事を忘れる、人脈確保、自分のための」時間なのです。だからやっぱりテニスを優先しよう


とかね。





スポンサーサイト
2012.09.18 Tue l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
緊急事項と重要事項のマトリクスをご覧になった事がある方は多いと思います。
物事には「緊急なこととそうでないこと」「重要なこととそうでないこと」に分けられて、普通の人は「緊急ではあるが重要でないこと」に時間の大半を費やしているという話です。


一方、成功者や常勝者は確実に「緊急ではないが重要な事」をやっていくということで、幸せな未来を築くにはここに費やす時間を増やしていくといいと。私もここにスポットを絞り地道にコツコツと進もうと努めているところです。


それで。
その前に。
「自分の力でどうにかなること」と「自分の力ではどうにもならないこと」。


まずはこれを分別するのが大事だなぁ~と最近痛感しているのです。色々悩んでいる時、ふと客観的に考えてみると「それって結局、私じゃどうすることもできないよね」ってことありませんか?


他人の考え方、他人の行動、予測不可能な未来、時代の流れ、文化…。あと「無責任な他人の期待」っていうのも入るかなぁ。


こういうのはどんなに自分が努力してもそうそう変える事ができないのに、ついつい悩んじゃうんですよね。


それで。もしもそういったことで悩んでいらっしゃる方がいたとしたら…
「できないことはできないのだ!」と言ってしまおうではありませんか。


出来る事をやらないのは、無責任とか投げ出す事になるかもしれませんが、本当にできない事はやっぱできませんのです。


そのエネルギーは「自分でできる事」「自分で変えられる事」に使った方がいいです。


この潔さは年齢に比例して大切になっていくような気がするなぁ。「諦め」とは違う「潔さ」。「シンプル化」といいますか。


「できない」と言うのは、勇気がいるものだと思います。昔「NOと言えない日本人」という本がベストセラーになりましたが、NOって勇気がいるんですよね~。私自身、間違いなく「NOと言えない日本人」で、最近ようやく、すこーしNOと言えるようになってきました。言ってみると案外ラクです


やれることはやって、あとは天に任せる。
少しずつ身に着けていきたいものです。
2012.09.15 Sat l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
ジョハリの窓ってご存知ですか?
心理学の世界では大変有名で、コミュニケーションをテーマとした場合よく出てくるものです。


コミュニケーションでは「お互いの共通部分(知識、経験、情報など)」を広げれば広げるほど、その相手とのいい人間関係が継続しやすいというものです。


いわゆる気が合う人というのは、元々趣味が同じだったり、出身校が同じだったり、価値観が似ていたり…。お互い共感できる部分が多いので、一緒にいて心地いいし、何時間いても楽しいものです。


これを営業に利用しようということで、先日行ったセミナーで「顧客の情報を貯蓄していき、その貯金を増やし、それを活用していきましょう」のようなお話をしました。何度行っても「いらっしゃいませ&ありがとうございました」オンリーの接客という所って多いですが、これだと何年たっても「いらっしゃいませ&ありがとうございました」の関係なんですね。


ジョハリの窓は詳しくはググってくださいませ。


何がすごいって、そのセミナーをさせて頂いた会社が、即実行即実践!!で、さっそく「ジョハリの窓シート」を作られまして、次の日からお客様との共通の部分を広げるということをスタートなさったんですね。


そしたら…
・高額商品が売れた
・お客様との距離がグッと縮まった
・お客様が嬉しそうだった
・スタッフ自身も楽しくて活気が出た
・今後もファンが増えそう


などなどだそうです。


すご~い


「あんまり他に教えたくないけどこれいいとトップさん談。


どんな事でも自分のプラスになさる方々っていらっしゃるんですよね~。ここのチームはそんな感じです。当たり前だけどやれることをやる。それに集中する。って自分を幸せにする道なのかもなぁと思いました。


そういえば、別の社長さんが
「インプットでは成長しない、能力をアウトプットして始めて人は成長する」ってこの間おっしゃってました。


この言葉もグッときたなぁ~。


とりあえず、今日の私のミッションとしては…
「見て見ぬふりをしていた換気扇をきれいにする」 


…わぁ~大変そう(≧v≦)しかしこれも幸せへの第一歩なのだぁ



KOKOPRO
2012.09.09 Sun l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
すっかり娘の友達のたまり場となっている我が家。
最近は「おかえり~」と何人もの女の子が迎えてくれるので、大家族のかあちゃんになった気分で幸せ


そのエンジェルちゃん達は、毎回オモロイ言動で癒してくれてまたまた幸せ


先日は「サンタクロースは親ではないのか?」という話題になったらしく、私が帰宅するなり
Yちゃん 「ねぇねぇおかあ。(ちなみに娘ではない)本当のこと教えて。サンタさんって親?」
私 「きゃはは~。サンタさんいるよ。」
娘 「だって、サンタさんのメッセージがお父の字にそっくりなんだもん」
Nちゃん 「そうそう。うちも。サインまで似とった」
私 「サンタさんってサインがあるんだぁ」
Nちゃん「うちがね‘うんちはしますか’って書いとったら‘します’って」


かわいぃぃぃぃ


ここで私がうかつな事を言ったら、ここいいらっしゃるお子さんのご家庭全部の苦労が台無しになるので(笑)「いるよ」と断言。しかし、エンジェルちゃんたちの疑問はさらに続き・・・


「だってサンタさんってどこから家に入るん?」(確かに)
「え?鍵あけとる?」 (ほー)
「うちは閉めとるよ~」(ですよね)
「え~!!うちは一か所だけ開けとる」(お~まじですか)
「〇〇ちゃんがサンタは壁を通り抜けてくるって言ってた」(うんうん)
「サンタさんお菓子食べとったけん」(お腹すくからね)
「うちも紙(お菓子の)だけ残っとった」(ゴミ箱がわからなかったんだね)


わいのわいのあったのち...
「ねぇおかあ!教えて、本当のこと教えてサンタさんって親?」


小学校5年生のエンジェルちゃんたち。
平和ですわ~。


サンタさんはいるんだよ。
本当にね。

2012.09.03 Mon l ◆プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。