上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日の研修で「人生には3回転機があるのだ!」というお話をいたしました。

ユングのライフサイクル論というものです。

そしてユングは
中年期の転換期を人生最大の危機としました。

20代、30代の方が大半の研修でしたが
この中年の危機に喰いついた(言い方が良くないですが…)のがやはりその真っ只中にいらっしゃる40代。

ご自身の中に「どうもこれまでと違う」というような実感があるからこその反応だと思います。

しかも「人生最大の危機」と言われては無視することはできないでしょう。

中年の危機とは
体力や思考力、記憶力などの衰えを感じ始め、これまでと同じ様な働き方が難しくなる時期です。

また、立場が変わる時期でもあります。
「教えられる側から教える側へ」
「指示される側から指示する側へ」
「サポートされる側からサポートする側へ」

自分自身が変化しなければなりません。

これまでのやり方が通用しないので、物事が解決せず、迷いが生じやすくなります。
選択や決断を迫られる時期でもあります。

一言でいえば「課題を次々と突き付けられる時期」ではないでしょうか。

なんだか恐ろしい感じもしてきましたが
「そういう時期なんだ」と知っておくだけでも随分違います。

悩みを相談される方のほとんどは
「自分だけこんな状態なんだ」と思っていらっしゃるからです。

真剣に、しかし深刻にならずに、
課題に取り組むことが中年の危機を上手く乗り越えるコツなのかもしれません。


KOKOPRO
スポンサーサイト
2017.07.04 Tue l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
思えば約10年前。
わたくしはリーダーをやっておりました。
リーダーの何たるかなど何も知らないままに任命され手探りで自己流で必死にリーダーを務めました。
本当に必死でした。


経験も知識もない私は、リーダーとしての役割を果たせず、その職を退くこととなりました。
「こんなに一生懸命にやってるのになぜ?」「なぜうまくいかない?」「なぜわかってもらえない?」というのが正直な気持ちでした。


ひどく落ち込み、ひどく傷つき、ひどく疲れ。
「リーダーって大変だなぁ。二度とやりたくない。」と思ったものです。


しかし同時に
「リーダーって大変。そんな大変なリーダーのお手伝いができる仕事に就けたらなぁ」とも思ったのです。
それが現在の仕事に就いたきっかけです。


最初は「話し方」や「マナー」の講師としてスタートし、その後「接遇」「コミュニケーション」等へと幅を広げ、今ではリーダーシップの研修を担当させていただけるほどのキャリアになりました。


そして今思うこと
「こういうことをリーダー当時に知ってればなぁ・・・
です。


もしも今、あなたがリーダーならば
「リーダーシップについては、コツが山ほどあり、知識を増やすだけでも全然違う」ということをぜひ知っておいて頂きたいと思います。


勿論「経験豊富」になれれば、それに越したことはありませんが、同じ組織、同じ部下で経験できることには限りがあります。(パターン化するので)


色々な学問、研修がありますが、リーダーシップほど「知識は身を助ける」が当てはまる分野はないのではないでしょうか。



s-s-IMG_8749.jpg


KOKOPRO
2016.11.24 Thu l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
10~20年後の日本はどうなる?これに対する学生さんたちの答えが素晴らしかった☆フムフム☆世界一の高齢化国であることをふまえて専門学校生の皆さんと考えてみました!

・土地が余って土地が安くなる
・葬儀屋さんが儲かる
・スポーツジムがリハビリ施設になる
・コンビニが病院や老人ホームになる
・外国人労働者が増える 
・車がすごく売れる      
・スポーツ界が衰退する    などなど

「おばちゃんはこれからのほうが短いけど、みんなはこれからのほうがずーっと長いからしっかり考えようね~。」にウンウンと納得しながら素直に反応してくれる学生さんたち♪

年功序列や終身雇用という言葉も知らない人が半数以上!(゚д゚)!

いつまでも若いと思っていたのは自分だけ…自分もあっち側の人間だと思ってたらこっち側の人間だった…すごくギャップを感じながらも…若い方と接するだけで気持ちリフレーッシュ(*'▽')happy


s-IMG_8663.jpg



KOKOPRO
2016.10.28 Fri l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
『一生受験生』
自分のことをそう思っていますので、出来る限り読書をするようにしています。


そんな中
久しぶりに「こ!これは!」という本に出会いました。


s-IMG_8023.jpg


えーっといつものように中古を購入しましたのでカバーはございません。


私はずーっと疑問に思っていたことがありまして
それは
「どんな親も本当に一生懸命に育てるのに、何故、非行、暴力、精神疾患…悲しいことが起こるのだろう」と。


職場が抱える課題の中に「社員の困った行動」があります。
社会に不適応な行動をとってしまう社員の方のお話を伺うと
実は、思春期までの環境(主に家庭環境)が上手くいっていなかったというケースも少なくありません。


ではそういった家庭環境の場合、親や養育者は子どもに愛情を注がず、子どもを憎み、酷い仕打ちをしていたか…
そんなことはありません。


娘がまだ小さいころ。
子育てサークルに参加したり、お子さんのお預かりをしたり、地域の活動に参加したり…色々な親御さんに出会いました。価値観や方針は違うにしても、どの親御さんも本当にわが子を一生懸命育てているのです。


なのになぜ?


その長年の疑問が一機に解決する本でした。


人にとって「心のコーチ」となる人がいるかいないか、そういう人に出会えるか出会えないか


もっと言えば
自分の中のマイナス感情(怒り、悲しみ、嫉妬、恐怖等)をどう扱えばいいかをガイダンスしてくれる人がいるかどうかということが


これがどれだけ人生に大きく影響することか!


教育関係者はもちろん、部下を持つ上司、経営者、カウンセラーの方など
大変おススメの本です。



KOKOPRO
2016.08.06 Sat l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
とても参っていた時。
脳に直接スコーンと入ってくるアロマに何度も救われました。
特に私はユーカリやペパーミントが好きで瓶ごと持ち歩いていたものです。


「アロマって恐ろしく効果あるなぁ」と感じてはいましたが
深く追及する事もはありませんでした。


フランスではアロマは医療であると聞いた時は非常に納得したものです。


それがアロマのワークショップに参加してびっくり!
アロマがなぜ効果的なのかの原理を聞いて目からウロコでした。


人間の五感。
何かご存じですか?


視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚です。


そのうち嗅覚だけが、脳の大脳辺縁系に直接作用するというのです!
他の五感は、まず大脳新皮質に情報がいきます。


大脳新皮質は人間特有の「考える、分析する」などの働きをするところで新しい脳の部分です。
大脳辺縁系は「情動、本能」の部分で、より古い脳です。


ですから。
つべこべ考える新皮質を飛び越え、より人間の芯の部分に働きかけてくれるということです


納得。


早速アロマディフューザーを買いに。
大好きなユーカリやら柑橘系をクンクン。


朝は気分をすっきりさせるオレンジやレモン、ローズマリー
夜はリラックスできるラベンダーやユーカリがおススメです。


たまたま参加できたアロマのワークショップ。
素晴らしい出会いに感謝感謝


s-13726852_804194059680188_544337923200353391_n.jpg
Study L‐Cafe
火曜日に開催しています!
メイク、絵本セラピー、食の学びなど楽しいワークショップが満載です



KOKOPRO








2016.07.24 Sun l ◆仕事がうまくいくコツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。